まとまったお金が必要だけど審査が不安という方はご一読ください!
急な出費があってすぐにでもお金が必要だという状況を経験したことがある人も少なくないでしょう。

そんな時に味方になってくれるものの一つにカードローンがあります。きっちりと返済の計画を立てて利用すればこれほど便利なものはありません。

しかし、カードローンを利用するためには審査に通る必要があります。そこで、ここではカードローンの審査に通るための4つのポイントをご紹介していますので、審査を受ける前に是非参考にしてください。

あと、補足情報として、カードローンに関しての情報を集める際には以下のカードローンキュレーションサイトがおすすめです。

カードローンまとめ「キュレッカ」


複数のカードローンを借りていないこと

カードローンを利用する際には、同期間に複数の金融機関の審査に申し込むことはやめましょう。

他サイトにおいては、審査に通過するために複数のカードローン会社に申し込みましょうというようなところもありますが、これは逆効果です。

カードローンに申し込んだという情報は信用機関に記録として残るため、同期間に複数の金融機関へ借り入れの申し込みをしているとなると、その記録をもとにあなたの返済能力が低下すると判断され、審査において非常に不利になります。

信用情報の保有期間は、信用機関にもよりますが例えばCICの場合、照会した日から6か月間とされています。

つまり、もし仮に同期間に複数の金融機関への申し込みをし、審査に通らなかった場合は、半年間はお金を借りることが困難な状況になる可能性があるということです。

そうならないためにも、カードローンの審査に申し込む際には、金融機関を1社か2社に厳選しましょう。


審査を通るには一定の収入があることが必要

一般的な目安として、カードローンを利用するためには年収200万円以上の収入があることが求められます。

また、借り入れできる金額は収入によって変わってくるので、限度額の設定は自身の年収に見合った額を設定しましょう。

あなたの年収に対する希望借入額を考えた時に、家賃・水道光熱費・食費その他生活に必要な費用を差し引いてある程度の支払い能力があると判断されなければ審査に通過することは難しくなります。

また、初めてカードローンを利用する場合は、相手との信頼関係を気づくことが大切。

まとまった額のお金が必要だというケースもあるかもしれませんが、確実にカードローンの審査に通るためには、限度額は控えめに設定しましょう。

そうするとカード会社も前向きに検討してくれる場合が多いので、審査に通りやすくなります。


勤続年数が長く安定した雇用形態であること

また、カードローンの審査では勤続年数の長さや雇用形態も審査基準に入ります。

なぜなら、安定した雇用形態で長く勤めていれば、定期的な返済ができると判断されやすいからです。

月々安定した収入がある公務員や、正社員としての勤続年数が長いサラリーマンであれば、カードローンの審査においては当然有利と言えます。

一方で、アルバイトやパート勤務の場合、雇用が安定していないという理由からカードローン審査において不利に働く場合があります。

ただし、パートやアルバイト勤務でも、勤続年数が長ければ信用力が生まれ、審査に通ったという事例もあります。

また、反対に、正社員のような安定した雇用形態であっても何度も転職をしていたり、勤続年数が非常に短ければ、カードローンの審査に落ちる場合もあるので注意が必要です。


1年以上の居住実績があること

カードローン審査では、住居形態や居住実績もその判断基準となります。

最も有利なのは持ち家を所有していることです。なぜなら、もし万が一融資したお金を返済できなかった場合、家を担保として差し押さえることが可能だからです。

また、アパートやマンションなどの賃貸住宅の場合は、居住年数が審査の判断基準となります。そのため、現在の賃貸住宅に住んでいる年数が長ければ長いほど審査の際に有利となります。

では、居住年数の基準はどれくらいかというと、一般的には1年以上と言われています。

よって、居住実績が1年未満であったり、頻繁に引越しをしていると場合、カードローン業者は、融資した相手が返済できなくなった時に逃げられるのではないかと危惧し、審査通過させないこともあるのです。

持ち家を持っている方は比較的安心できますが、賃貸住宅に住まれている方は1年以上は住み続け、特段の事情がければできるだけ引っ越しを頻繁に行わないようにしましょう。


まとめとおすすめカードローンのご紹介

ここまでカードローンの審査に通るための5つのポイントをお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか。

急にお金が必要になったときには、やみくもに金融機関へ申し込みをするのではなく、是非ここで書いているポイントを押さえてから、カードローンの審査に望むようにしてくださいね。

では最後に、この記事でのまとめをしたいと思います。


ポイント1:複数のカードローンに申し込まないこと

特に、同期間に複数のカードローンの審査に申し込むことはやめましょう。信用機関に信用情報として記録されるため、借り入れの際に返済能力に不安があると判断され、カードローンの審査に通りにくくなる場合があります。


ポイント2:一定の収入があること

目安として年収200万円の収入があることが必要です。審査の際は、自身の年収に見合った限度額を設定しましょう。


ポイント3:安定した雇用形態で勤続年数が長いこと

正社員として長い勤務実績を積んでいることが必要です。短期間で頻繁に転職をしているとカードローンの審査上、不利になります。

アルバイトやパートであっても、勤続年数が長いとそれが実績として認められカードローンの審査に通ることもあります。


ポイント4:居住年数が長いこと

持ち家を所有していると非常に有利です。賃貸住宅に居住している場合も、長く住めば住むほど有利になるので、最低でも1年以上の居住実績を作ってから申し込みましょう。

カードローンの審査に申し込まれる際は、以上の4つのポイントを参考にして、確実に融資が受けられるようにしましょう。