今回も前回と同じテーマですが、バストアップサプリのお話です。色々と調べたところプエラリアも良いですが、最近チェストベリーというのが人気を集めているようです。

チェストベリーというと日本では馴染みのない方も多いですが、昔から女性生殖器の疾患の治療に使われたり、女性ホルモンのバランスを整えてくれるものとしてヨーロッパでは古くから有名です。

チェストベリーがよく使われるのはサプリやハーブティーなどです。チェストベリーの実は、西洋ニンジンボクやチェストツリーと呼ばれ、夏になると良い香りがして、ヨーロッパ南部やアジア西部原産のものはライラック色の花をつけます。

このチェストベリーが調整してくれるのは主にプロゲステロンの分泌です。ホルモンの中軸でもある脳下垂体の機能に作用します。

このチェストベリーもやはり乳腺の発達を促してくれるのですが、その他の効果として月経周期の乱れの改善や不妊の改善、月経前のイライラ解消、月経による肌荒れや文便秘の改善、乳房痛などに多くの効果があるそうです。チェストベリーに関して報告されている限りでは、頭痛や胃痛程度のものはあっても、大きな副作用であるとか、健康被害は今のところないようです。

ただ、やはりチェストベリーを使用しないほうがいいという人もいます。プロゲステロンの分泌に関わる成分ですので、妊娠中や授乳中の方はやめたほうがいいと思います。

これまで、大豆イソフラボン、プエラリア、チェストベリーについて紹介してきましたが、紹介したのは代表的なものばかりでほんの一部に過ぎません。 成分はまだまだたくさんありますので、ご自分で一度調べてみてください。

私もバストアップサプリのことはまだまだ勉強中で、これまで見た中では一番情報が豊富だったサイトがバストアップサプリのこちらのサイトなので、私と同様、貧乳克服に向けて頑張っている人にはおすすめです。
http://www.fcso-ma.com/
URL:http://www.fcso-ma.com


また、含まれているものの効果を成分ごとにしっかり把握しなければなりません。バストアップサプリメントを使用する人の中には挫折する人も多いですが、私は効果を出すために大きくなった自分の胸をイメージしながら、効果を信じて想像をふくらませながら飲みました。

きちんとやってればきっと効果が出てくると思うので頑張ってください。